前へ
次へ

医療機関よりも空腹時は避けるなど二日酔い対策を

大人になると好んで飲酒をするだけではなく、仕事や大人のお付き合いでお酒を飲む機会も多くなります。たくさん飲みすぎて二日酔いの経験をする人も少なくはないですが、ひどいと医療機関にかかるレベルになることもあるので要注意です。前日の飲酒で翌朝には血液内のアルコール濃度が、それなりに低下をしたはずでも、吐き気を感じたり頭がガンガンする症状は出てきます。時間と共に回復をするものの、平日であれば不調のまま会社に出勤をしなくてはなりません。身体に鞭打っての出勤であっても、二日酔いの症状が残っていますので、業務の効率は下がるばかりです。社会的な思わぬ損失にもつながりますので、二日酔いで悩まないためにも、医療機関で処方されたお薬だけに頼らず、対策の心がけをするようにします。急激にアルコールが体内に回ることになるので、お腹がすいた状態では飲酒をしないことです。もしも空腹であれば軽く食べておくことで、辛い二日酔いを招くことにはなりません。

Page Top