前へ
次へ

在宅医療に必要となってくるもの

病気を持った子どもが病院ではなく、在宅医療を受けながら暮らすということもあります。その場合には家族の負担が増えるので、覚悟が必要になってきます。またサポートをしてくれる人がいなければ在宅医療に切り替えることはできない、としている医療機関もあります。場合によっては病児の祖父母の力を借りなければいけないということもあるでしょう。兄弟がいた場合には、心のメンテナンスも行わなければいけません。また訪問看護なども受ける準備が必要ですし、必要な機器を準備しなければいけないということもあるでしょう。もしもの時に対応をしてくれる医師も必要です。訪問で診療を行ってくれる地域の医師の協力がなければいけません。高齢者の場合には対応をしてくれるところが多いですが、子どもの場合には対応ができないということも多いので、在宅で対応をするということはかなり難しくなってしまいます。機器だけではなく、制度の見直しも必要かもしれません。

Page Top